本文へスキップ

長与町 長崎県観光案内 楽しむ旅行のご提案

長与町の観光案内

長与町は、長崎市の中心部から約10kmの位置にあり、北東は琴の尾岳(451.4 m) を含む、300 〜400 mの山岳地を境に諫早市、西は崎野ノ鼻から南に延びる50〜150 mの小丘陵で時津町と接し、さらに南は150 〜400 mの山々で長崎市と接しています。また、長与町のシンボルとも言える長与川(延長約8km)が、その源を琴の尾岳中腹に発し、町の中心部を南から北へ流れ、波静かな大村湾に注いでいます。

堂崎ノ鼻

ゲストルーム

海も山もある長与町を代表する自然、それが堂崎ノ鼻と琴の尾岳。いずれも「次代に残そう長崎百景」に選定されている名勝です。堂崎ノ鼻は町の最北端、波静かな大村湾に突き出たリアス式の海岸。ごつごつした岩肌と目の前に広がる真っ青な海とが鮮やかなコントラストを見せています。


住所 長崎県西彼杵郡長与町岡郷
TEL 095-883-1111

詳細はこちら

琴の尾岳

ゲストルーム

町の北東にそびえる標高451mの琴の尾岳。江戸時代には、長崎の異変を大村藩へ知らせたのろし台があったというだけに、その眺めは抜群。展望台からは、東に多良岳や雲仙、北に大村湾や長崎空港、南に長崎市街地や長崎港など、360度のパノラマが広がります。


住所 長崎県西彼杵郡長与町
TEL 095-883-1111


詳細はこちら

中尾城跡

ゲストルーム

標高90mの丘陵で、東西約150m、南北約100mを計ります。今は、森になっていますが、土塁・石垣・堀切などがのこっています。土塁とは、城への敵の侵入を防ぐために築かれたものです。「郷村記」の記録に天文年間(1532〜1555)に長与権ノ助が築いたとされています。


住所 長崎県西彼杵郡長与町
TEL 095-883-1111



堂崎遺跡

ゲストルーム『堂崎遺跡』は、町内最古の遺跡で町の最北端に位置しています。今から約1万年以上も昔にさかのぼる「旧石器時代」の終わり頃の石器群を含む遺跡です。日本に人間が住み始めたのは、約3万年前からといわれています。


住所 長崎県西彼杵郡長与町
TEL 095-883-1111



長崎県県各市町村の観光名所を探す

対馬市 壱岐市 平戸市 松浦市 佐世保市 波佐見市 川棚市 東彼杵町 西海市 諫早市 長与町 長崎市 島原市南島原市 小値賀町 新上五島町 五島市 大村市 雲仙市

各県観光案内を見る

熊本県観光案内 宮崎県観光案内 鹿児島県観光案内 大分県観光案内 福岡県観光案内 佐賀県観光案内
高知県観光案内 香川県観光案内